読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腰痛治療の専門家が教える腰痛の治し方

腰痛治療の専門家が腰痛の治し方・腰痛の真常識を教えます!

年末と正月明けに、ぎっくり腰が多い理由

 年末と正月明けは、ぎっくり腰のシーズン!

 
季節環境、気温や湿気、気圧の変化は、体の動きに大きく影響します。

特に気温が下がって寒くなると、

筋肉は縮こまって固くなるので、伸び縮みしにくく、腰に限らず、

首や肩、股関節やひざなど体全体の関節も動きにくくなります。

 

そんな状態で無理な姿勢をして作業をしたり、長い時間同じ姿勢をしていて

急に動いたりすると、体が上手く対応できず、腰を痛めてしまうのです。

f:id:kawaikinkeitai:20161213180413j:plain

また、もともと慢性的にあった腰椎部の脊柱管狭窄症椎間板ヘルニアなどの

患部を筋肉が固く締めつけてきたり、骨盤周りの筋肉の引っ張り合いが

強くなったりして、脚への坐骨神経痛も出やすくなります。

 

気温が低く、筋肉が固くなりやすい冬場は、

何かと症状が出やすい時期といえますね。

特に、年末とお正月明けは、ぎっくり腰になりやすいので要注意です!!

 

年末にぎっくり腰になりやすい理由

年末は、師走(師も走る)とも言われ、

みなさん、何かと忙しいもの。

できるだけ年内に仕事を片付けようと無理をすることになりがちですし、

そして、忙しい合間を縫って度々の「忘年会」と称した暴飲暴食があります。

最後に、大掃除も待っていますよね。

楽しい時期ではありますが、

寒さに加えて、体の疲れはかなり溜まってきます。

当然、筋肉も縮こまって固くなり、

腰痛にもなりやすい時期なのです。

 

正月明けにぎっくり腰になりやすい理由  

気温が高く、活動的な夏のお盆休みと違い、

お正月休みは、寒さもあり、ノンビリ過ごす方が多く、

みなさんあまり体を動かしませんよね。

年末からの暴飲暴食で体がダメージを受けているところへ、

さらに、おせち料理をつつきながら、1日中こたつでゴロゴロ……。

そのため「正月太り」なんていう言葉が、一般的になっています。

 

しかし、急に正月太りしたお腹!

食べ過ぎたお腹の内圧は、いつもより高くなっています。

太ったお腹は、いつの間にか、妊婦さんやお相撲さん!?のように

前に張り出して、今までの重心バランスとは違ってくるため、

腰が反り返ったような姿勢を取りやすくなります。

そのため腰回りの筋肉が張り、固くなってしまうのです!

 

そんなことは知らず、正月休み明け。

今までゆっくりのんびりして食べてばかりいた夢のような時は終わり、

再び仕事に行かなければいけません。。。

固くなってお腹の張った体を、朝からいきなり忙しく動かしていくため、

これまでのようにスムーズに体は動かず、

ぎっくり腰を起こしやすいのです!!

 

寒さ + 食べ過ぎ + 身体を動かさない 

= 筋肉が固くなる 

          ↓ 

  ぎっくり腰を起こしやすい!!

 

年末と正月明けは、ぎっくり腰にご注意くださいね!

 

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)