腰痛治療の専門家が教える腰痛の治し方

腰痛治療の専門家が腰痛の治し方・腰痛の真常識を教えます!

椅子に座ってお尻の下が痛む「梨状筋症候群」とは?

梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)

 
椅子に座っていると、お尻の下が痛む !

 

f:id:kawaikinkeitai:20170501222043j:plain

 

椅子に座っていると、お尻の下の部分が痛くなる

 

「梨状筋症候群」(りじょうきんしょうこうぐん)とは、

股関節を支えて動かす重要なインナーマッスル(深層筋)の「梨状筋」が

緊張して固くなり、その下を通っている坐骨神経を圧迫して痛み(坐骨神経痛)を

発するものです。


これは腰椎部分での神経圧迫ではなく、

お尻の下の部分から太ももの裏やふくらはぎにかけて痛み、しびれが出てきます。

f:id:kawaikinkeitai:20170501222831g:plain

 

「梨状筋症候群」の特徴は、

椅子に座っていると、 お尻の下の座面に当たる部分に痛みやしびれ

出るということ。ひどくなると、太ももの後ろ側やふくらはぎにかけてまで

痛み、しびれが広がります。

 

「椅子に座ってお尻が痛む」というものには、

椎間板ヘルニア」や「仙腸関節痛」もありますが、  

 

痛む箇所が違っていて、

椎間板ヘルニア」の場合は腰椎部からお尻にかけて、

仙腸関節痛」の場合はお尻の上の部分に

痛みが出ます。

 

また「梨状筋症候群」は普通に立っていたり、

歩いている限りはあまり痛みは出ませんが、

椎間板ヘルニア」や「仙腸関節痛」は、

立ったり、歩いたりするだけで、痛みが出やすくなります。

 

「梨状筋症候群」も「仙腸関節痛」と同様、

レントゲンやCT、MRI検査では、判別できません。

そのため、整形外科では明確な治療手段が確立されておらず、

不得意な腰痛のひとつとなっています

kosinoitami.hatenablog.jp

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

また、「椅子に座ってお尻が痛む」いう共通点から、

椎間板ヘルニア」や「仙腸関節痛」と間違われることも少なくありません。

kosinoitami.hatenablog.jp

 


お尻が痛む!仙腸関節痛&梨状筋症候群について解説(骨盤ゆらゆら体操DVDより)

 

このような坐骨神経を圧迫して痛みを生じる「梨状筋」は、

股関節を支えテ動かすインナーマッスルですから、

骨盤から股関節まわりの筋肉が不均衡な緊張状態になって、

股関節の動く角度が悪くなり、骨盤の傾斜やねじれにつながる

症状が起こります。

 

たとえば、股関節が内側に巻き組むようなクセがついていると、

梨状筋は引っ張られて緊張した状態になりやすく、

また、骨盤も傾斜したりやねじれたりするので、

椅子に座ったときに片側のお尻に座面の圧迫が強くなるのです。


【症 例】「椅子に座るのが怖い」という女性

40代の女性が「1年程前から左のお尻と太ももの後ろ側が激しく痛み、

ふくらはぎの筋肉も硬く感じるようになった」と訴えて来院しました。

 

椅子に座ってカルテを書いているのもつらい様子で、

「立っているほうが楽」と、待合室でも座らず、

順番が来るまでしばらく立っていました。

 

以前行った病院の診断は「腰椎5番と仙椎の1番が狭くなっているので、

そのせいで神経が痛むのだろう」とのことだったといいます。

 

話を詳しく聞くと、お仕事が主にデスクワーク。

椅子に座ったときは必ずといっていい程、左お尻の下から太もも後ろ側

にかけて痛みがあるので、仕事に集中できない。

痛みの出る左脚を右脚に乗せ、脚を組んで座れば、座面にお尻が当たらす

痛みが少ないので、仕事中は常に脚を組んでいて、

「最近は自分でも体がねじれていると感じようになった」と言います。

 

モアレ写真」で診てみると、

左股関節からひざにかけての大腿部が内側に巻き込み、

 骨盤もねじれた状態で傾斜しています。

さらに骨盤の上に乗る上半身も同じようにねじれていました。

そこで、股関節から骨盤にかけてのインナーマッスルをゆるめて、

 股関節と骨盤が自然な角度で動けるように整えて、

さらに上半身のねじれもゆるむように施術していきました。

f:id:kawaikinkeitai:20170501224146j:plain

 

 1回目の施術で脚が軽くなり、その後、数回の施術で30分程度なら

痛みがなく座れるようになりました。

 その後も継続して通院し、椅子にも負担の少ない座り方になるよう

日常的に気をつけるようになりました。

「以前は椅子を見ただけで恐怖を感じるほど、お尻が痛かったのです」

と言っていましたが、

今では脚を組まず、デスクワークで1日中、難なく座っていられる

ようになっています。

 

以上、拙著【腰痛が治るのはどっち?】(学研パブリッシング/刊) より

 

健康で元気に過ごすためには、脚、腰がとても重要ですね。

梨状筋症候群をはじめ、腰や脚の痛み、しびれに悩まないように

早めに改善しましょう! 

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)