読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腰痛治療の専門家が教える腰痛の治し方

腰痛治療の専門家が腰痛の治し方・腰痛の真常識を教えます!

腰椎前すべり症は、様々な腰痛の原因になる!

腰椎前すべり症

 
腰椎(背骨)が前にずれて戻らない状態

 

   f:id:kawaikinkeitai:20170501225910p:plain

 

 

腰の反り返りが強いとなりやすい!

 
「腰椎前すべり症」とは、

骨盤の上にブロック状に積み上がっている背骨の腰椎が、

本来の位置から前側にずれてしまうことをいいます。

 

f:id:kawaikinkeitai:20161007164644j:plain

 

腰椎部分は、前方に湾曲した配列(腰の反り返り)をしていますが、

その前方湾曲が強くなりすぎて、腰椎が押し出されるのです。

そのため、腰痛部の前方湾曲が強い腰椎4番、5番部分が

前すべりによくなります。

 

f:id:kawaikinkeitai:20170524081750g:plain

 

腰椎が前にずれる幅が大きいと、

腰椎に引っ張られた靭帯が脊柱管を圧迫してしまい、

脊柱管狭窄症を引き起こす原因の一つになります。

 

すなわち、腰椎部に鈍痛と両臀部から両太もも後側、ふくらはぎにかけて

痛みやしびれが出やすくなります。また、間欠性跛行も同様です。

 

また、ずれる幅が小さくても、腰椎間隔の狭くなるところができると、

そこから出る神経根が圧迫されるので椎間板ヘルニアと同じような症状が出ます。

脚の痛みやしびれは、通常左右どちらか片方の前面や外側に出ます。

 

f:id:kawaikinkeitai:20161018150346g:plain

 

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 


ただ、椎間板ヘルニアの場合は、

前屈みになると、ヘルニア部分に負担がかかって痛みが出やすくなる

のに対して、

 

「腰椎すべり症」の場合は、

前屈みで腰を丸めると、腰椎部の前弯が弱まって腰椎が本来の位置に

戻りやすくなるので、むしろ楽になります。

 

 

さらに、腰椎部の配列が悪く不安定であるため、

周りの筋肉が緊張して固くなって、腰部筋肉痛(筋・筋膜性腰痛)

要因になったり、

腰にかかった強い力に耐えきれず、急に神経を圧迫してぎっくり腰

起こしたりしやすくなります。

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

腰椎が前にすべる大きな原因は、

腰椎部の土台である骨盤の前傾が強くなっているために、

腰椎全体の前方湾曲が強くなりすぎて、腰椎が押し出される

ことにあります。

要は、腰の反り返りが強いということですね。

 

腰を反る姿勢や動作の多いスポーツやヨガ、ダンス、重たいものを持つ仕事、

ハイヒールをよく履く、などの人がなりやすい傾向があります。

 

したがって、腰椎前すべり症の人は、

なるべく腰が反り返らないようにすることが大切になります。

 

 

健康で元気に過ごすためには、脚、腰がとても重要ですね。

腰や脚の痛み、しびれに悩まないように早めに改善しましょう!

 

 

腰椎前すべり症にも効果あり!

寝たまま、簡単!

腰痛体操【骨盤ゆらゆら体操】

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

 

 

坐骨神経痛ってどんな症状?原因は?

坐骨神経痛

 
お尻から太もも後ろ側にかけての痛み、しびれが特徴

 

   f:id:kawaikinkeitai:20170501225910p:plain

 

 

坐骨神経痛」の原因はさまざま

 

坐骨神経痛」というのは、

実は病名ではありません。

 

脚に痛みやしびれがあると、よく「坐骨神経痛だから」という人がいます。

 

しかし正確には、坐骨神経の走っている箇所、

お尻から太もも後ろ側、そしてふくらはぎの外側または後ろ側にかけて

痛みやしびれの出る状態をいいます。

f:id:kawaikinkeitai:20170501230839j:plain

 

坐骨神経を圧迫しやすい原因としては、

①腰椎部で圧迫しているケース(脊柱管狭窄症椎間板ヘルニア、腰椎すべり症など)

仙腸関節部に負担がかかって圧迫しているケース(仙腸関節痛

③お尻の梨状筋が圧迫しているケース(梨状筋症候群

があります。

 

kosinoitami.hatenablog.jp

kosinoitami.hatenablog.jp

kosinoitami.hatenablog.jp

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

整形外科で「坐骨神経痛ですね」と言われて、

「原因がわかった」と安心する人もいるかもしれませんが、

原因がわかっていれば、上記のような診断名をつけます。

 

残念ながら、「坐骨神経痛」は、

原因がわからない場合にマジックワード的に使われることが多くあるのです。

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

坐骨神経痛」の症状を改善するには、

まず、どこが坐骨神経を圧迫する原因箇所となっているのかを特定

しなければなりません。

 

それには股関節や骨盤、腰椎など「体のゆがみ」がどのようになって、

どこに負担がかかるようになっているのか、

どのような姿勢や動作で痛みが出るのか

を、きちんと把握すること。

 

そして、負担がかからないようにインナーマッスルをゆるめて、

「体のゆがみ」を整えればよいのです。

 

以上、拙著【腰痛が治るのはどっち?】(学研パブリッシング/刊) より

 

健康で元気に過ごすためには、脚、腰がとても重要ですね。

腰や脚の痛み、しびれに悩まないように早めに改善しましょう!

 

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

 

 

 

筋・筋膜性腰痛(腰部筋肉痛)腰痛で一番多い!

筋・筋膜性腰痛(腰部筋肉痛)

 
腰痛で一番多い筋肉の痛み

 

f:id:kawaikinkeitai:20170510102135p:plain

 

腰痛で一番多い腰部筋肉の痛み

 

「筋筋膜性腰痛」(腰部筋肉痛)とは、

疲労などにより過剰に緊張した腰の筋肉に負担がかかって起こる腰痛です。

簡単に言うと、腰の筋肉の痛み。

 

腰痛で1番多いケースはこれです。

10代から年配まで、幅広い年代でよく起こります。

長時間の同じ姿勢や荷物の上げ下ろしなどのように同じ動作が繰り返されるなど、

同じ筋肉ばかりに負担がかかると、その筋肉が疲労して固く縮こまってきます。

その固くなった筋肉が無理に使われてしまうことにより、傷つき痛みが出るのです。

ぎっくり腰の原因のひとつです。  

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 
痛めやすい腰部の筋肉は、

 上半身を起こす働きをするウエスト部分のインナーマッスル

(腰方形筋や脊柱起立筋)です。

 もともと筋肉が少ない女性や腰の反り返りが強い人、

「腰椎すべり症」の人などは、

 これらの筋肉に負担がかかりやすくなります。

 

f:id:kawaikinkeitai:20170510102756j:plain

 

実はこれ、

「筋肉が弱い」から痛みが出るのではありません。

 

筋肉が過剰に緊張して固く縮こまっているために痛みが出るわけですから、

改善法としては筋トレやストレッチではなく、

筋肉をゆるめることが大切です!!

 

「腰部筋肉痛」は、日常動作の中で姿勢を維持する筋肉に負担がかかって

起こるので、 姿勢のとり方や動作の仕方によって負担のかかり方が違います。

 

また、土台である骨盤が傾斜やねじれていると、

骨盤からつながって上半身を支えるウェスト部分のインナーマッスル

(腰方形筋や脊柱起立筋)も不均衡な緊張を起こして、より負担が

かかりやすくなります。  

 

f:id:kawaikinkeitai:20161007163439j:plain

  
【症 例】「体のゆがみ」と慢性的な疲労から発症!
 

50代の主婦が、つらそうに腰に手を当てて来院しました。

 

これまで何度かぎっくり腰をやっていて、整形外科でも何度か診てもらったが

レントゲン検査で「骨には特に異状なし」と言われ、

 

湿布と痛み止めをもらうぐらい。仕方なしに、近所のマッサージに時々行って、

つらさをしのいできたといいます。

 

さらに話を詳しく聞くと、

若い頃からスポーツが好きで、出産するまではよくテニスをやっていたこと。

その後、3人のお子さんに恵まれたが、

日々の家事に子育てと目まぐるしい生活が続き、慢性的な疲労状態で

がんばってきたこと。

エスト部分の筋肉と右のお尻が特に痛むということを話してくれました。

 

当院の「モアレ写真」で検査すると、骨盤が前傾して腰の反り返りが強く、

右側が押し上げられてねじれた状態でもありました。

さらにその他の検査でウエト部の筋肉の過剰な緊張と

仙腸関節部のずれを確認しました。

 

 一方向に体をねじる動きの多いテニスをしてきたことや

3度の出産で仙腸関節もずれやすくなっていたこと、

さらに日常生活での腰への負担が続いて

「体のゆがみ」が大きくなってしまったのが、根本的な原因になって

いたわけです。

 

そこで、股関節から骨盤にかけてのインナーマッスルをゆるめて、 

骨盤の前傾やねじれを正して骨盤を安定させていきました。 

骨盤が安定してくれば、

エスト部分のインナーマッスルも自然にゆるんでいきます。

 

f:id:kawaikinkeitai:20170501224146j:plain

 

初回の施術で右仙腸関節部の痛みが軽減して、

全身的に緊張していた体も軽くなりました。

自宅での日常生活動作を見直し、「骨盤ゆらゆら体操®」も

行うように指導しました。

 

その後、週に2回程度継続して通院して、

2~3カ月ぐらいで日常での痛みは出ないようになりました。

今は「体のゆがみ」の定期メンテナンスとリラクゼーションを兼ねて、

月に1回程度来院して、毎日元気に過ごしています。

 

以上、拙著【腰痛が治るのはどっち?】(学研パブリッシング/刊) より

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

健康で元気に過ごすためには、脚、腰がとても重要ですね。

腰部筋肉痛をはじめ、腰や脚の痛み、しびれに悩まないように

早めに改善しましょう! 

 

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

 

 

 

椅子に座ってお尻の下が痛む「梨状筋症候群」とは?

梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)

 
椅子に座っていると、お尻の下が痛む !

 

f:id:kawaikinkeitai:20170501222043j:plain

 

椅子に座っていると、お尻の下の部分が痛くなる

 

「梨状筋症候群」(りじょうきんしょうこうぐん)とは、

股関節を支えて動かす重要なインナーマッスル(深層筋)の「梨状筋」が

緊張して固くなり、その下を通っている坐骨神経を圧迫して痛み(坐骨神経痛)を

発するものです。


これは腰椎部分での神経圧迫ではなく、

お尻の下の部分から太ももの裏やふくらはぎにかけて痛み、しびれが出てきます。

f:id:kawaikinkeitai:20170501222831g:plain

 

「梨状筋症候群」の特徴は、

椅子に座っていると、 お尻の下の座面に当たる部分に痛みやしびれ

出るということ。ひどくなると、太ももの後ろ側やふくらはぎにかけてまで

痛み、しびれが広がります。

 

「椅子に座ってお尻が痛む」というものには、

椎間板ヘルニア」や「仙腸関節痛」もありますが、  

 

痛む箇所が違っていて、

椎間板ヘルニア」の場合は腰椎部からお尻にかけて、

仙腸関節痛」の場合はお尻の上の部分に

痛みが出ます。

 

また「梨状筋症候群」は普通に立っていたり、

歩いている限りはあまり痛みは出ませんが、

 

椎間板ヘルニア」や「仙腸関節痛」は、

立ったり、歩いたりするだけで、痛みが出やすくなります。

 

「梨状筋症候群」も「仙腸関節痛」と同様、

レントゲンやCT、MRI検査では、判別できません。

そのため、整形外科では明確な治療手段が確立されておらず、

不得意な腰痛のひとつとなっています

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

また、「椅子に座ってお尻が痛む」いう共通点から、

椎間板ヘルニア」や「仙腸関節痛」と間違われることも少なくありません。

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 


お尻が痛む!仙腸関節痛&梨状筋症候群について解説(骨盤ゆらゆら体操DVDより)


  

このような坐骨神経を圧迫して痛みを生じる「梨状筋」は、

股関節を支えテ動かすインナーマッスルですから、

骨盤から股関節まわりの筋肉が不均衡な緊張状態になって、

股関節の動く角度が悪くなり、骨盤の傾斜やねじれにつながる

症状が起こります。

 

たとえば、股関節が内側に巻き組むようなクセがついていると、

梨状筋は引っ張られて緊張した状態になりやすく、

また、骨盤も傾斜したりやねじれたりするので、

椅子に座ったときに片側のお尻に座面の圧迫が強くなるのです。

 


【症 例】「椅子に座るのが怖い」という女性
 

 

40代の女性が「1年程前から左のお尻と太ももの後ろ側が激しく痛み、

ふくらはぎの筋肉も硬く感じるようになった」と訴えて来院しました。

 

椅子に座ってカルテを書いているのもつらい様子で、

「立っているほうが楽」と、待合室でも座らず、

順番が来るまでしばらく立っていました。

 

以前行った病院の診断は「腰椎5番と仙椎の1番が狭くなっているので、

そのせいで神経が痛むのだろう」とのことだったといいます。

 

話を詳しく聞くと、お仕事が主にデスクワーク。

椅子に座ったときは必ずといっていい程、左お尻の下から太もも後ろ側

にかけて痛みがあるので、仕事に集中できない。

痛みの出る左脚を右脚に乗せ、脚を組んで座れば、座面にお尻が当たらす

痛みが少ないので、仕事中は常に脚を組んでいて、

「最近は自分でも体がねじれていると感じようになった」と言います。

 

「モアレ写真」で診てみると、

左股関節からひざにかけての大腿部が内側に巻き込み、

 骨盤もねじれた状態で傾斜しています。

さらに骨盤の上に乗る上半身も同じようにねじれていました。

 

そこで、股関節から骨盤にかけてのインナーマッスルをゆるめて、

 股関節と骨盤が自然な角度で動けるように整えて、

さらに上半身のねじれもゆるむように施術していきました。

f:id:kawaikinkeitai:20170501224146j:plain

 

 1回目の施術で脚が軽くなり、その後、数回の施術で30分程度なら

痛みがなく座れるようになりました。

 その後も継続して通院し、椅子にも負担の少ない座り方になるよう

日常的に気をつけるようになりました。

 

「以前は椅子を見ただけで恐怖を感じるほど、お尻が痛かったのです」

と言っていましたが、

今では脚を組まず、デスクワークで1日中、難なく座っていられる

ようになっています。

 

以上、拙著【腰痛が治るのはどっち?】(学研パブリッシング/刊) より

 

健康で元気に過ごすためには、脚、腰がとても重要ですね。

梨状筋症候群をはじめ、腰や脚の痛み、しびれに悩まないように

早めに改善しましょう! 

 

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

 

 

 

整形外科が不得意な仙腸関節痛(仙腸関節機能障害)とは?

仙腸関節機能障害(仙腸関節痛)

 

 
お尻の上の部分に痛みが出る!

 

f:id:kawaikinkeitai:20170430232948j:plain

骨盤のつなぎ目、仙腸関節に負担がかかって痛む

 

仙腸関節機能障害」(仙腸関節痛)とは、

骨盤の真ん中にある仙骨とその左右両側にある腸骨のつなぎ目である

仙腸関節に負担がかかって痛みが出る腰痛です。

 

f:id:kawaikinkeitai:20170430232750p:plain

 

痛みが出る場所は、

腰椎部よりも下の骨盤(仙腸関節部分)でちょうど左右のお尻の上の部分あたりです。

仙腸関節に負担がかかってずれがあると、すぐ下を坐骨神経が通っているので、

臀部から太もも後ろ側にかけて痛み(坐骨神経痛)が出ることもあります。


仙腸関節は、上半身の重さを両足に分散したり、足からの衝撃を和らげる

大切な場所ですから、

強い靭帯で結びつけられていて、通常はあまり動くことはありません。

 

ただ、女性の場合は、本来的に仙腸関節がゆるみやすい構造になっているので、

痛みが出ることはよくあります。

産後の腰痛や開脚ストレッチのやり過ぎなどで痛めるのもこの仙腸関節です。

 

また、男性でも仙腸関節部に強い負担がかかれば、

ずれたり、ゆるんだりして痛みの出ることがあります。

 

仙腸関節部は、長時間の同じ姿勢(立つ、座る、歩くなど)や

立って靴下を履く動作、椅子からの間違った立ち上がり方をする

などで、負担がかかり、痛みが出やすいといえます。

 

ただ「脊柱管狭窄症」や「椎間板ヘルニア」「腰椎前すべり症」と違い、

基本的にレントゲンやCT、MRI検査では

仙腸関節のずれやゆるみがわかりません。

そのため、整形外科では明確な治療手段が確立されておらず、

不得意な腰痛のひとつとなっています

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 


整形外科で「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」「腰椎前すべり症」など

と診断されたものの、本当は仙腸関節が痛みの原因だった

ということがよくあります。

 

また、同じようにお尻が痛む「梨状筋症候群」と間違われることもよくあります。

 


お尻が痛む!仙腸関節痛&梨状筋症候群について解説(骨盤ゆらゆら体操DVDより)


 

骨盤から股関節まわりの筋肉が不均衡な緊張状態になっていると、

左右の股関節の動く角度が悪くなり、骨盤に傾斜やねじれが起きて、

股関節からの筋肉が付着する仙腸関節に負担がかかりやすくなります。

f:id:kawaikinkeitai:20170430232330p:plain

 

たとえば、

骨盤が押し上がり、股関節が外側に向いて動くようなクセが

ついてしまっていると、

歩くときなど脚からの衝撃が強くなり、仙腸関節への負担が

かかって痛みが出やすくなります。

 

 

【症 例】「脊柱管狭窄症」と誤診され、リハビリで悪化

整形外科で「脊柱管狭窄症」と診断され、知人に紹介されて来院した

70代の男性。

数年前から臀部から太ももにかけて痛みとしびれが時々出ていたそうですが、

趣味の山歩きやゴルフを続けているうちに、頻繁に痛むようになり、

ついに長く歩くことができなくなったということでした。

整形外科を受診すると「脊柱管狭窄症」と診断され、

とりあえず、痛み止めの注射での治療を受けながら、

すすめられた筋トレや開脚ストレッチをしていたといいます。

 

痛みの出る箇所を具体的に聞くと、

脊柱管狭窄症」の痛みが出やすい腰椎部(ウエスト部ベルトライン)には

それほど痛みはなく、むしろ、右のお尻の少し上あたりから太ももにかけて

痛みが強いということでした。

 

当院の特別な「モアレ写真」で体のゆがみを確認し、

歩き方や股関節の動きをチェックすると、

骨盤が押し上がり、右股関節が外側に向くようになっていました。

仙腸関節へ負担がかかってしまっている状態で、

それが腰痛の原因になっていることがわかりました。

そんな状態で開脚ストレッチなどをしたら、ますます悪化してしまいます。


そこで、当院では、股関節から骨盤にかけてのインナーマッスルをゆるめて、

股関節と骨盤が自然な角度で動けるように整えていきました。

f:id:kawaikinkeitai:20170501224146j:plain

 

当院の「自転車歩き」と『骨盤ゆらゆら体操®』をするようにもすすめ、

2か月後ぐらいには、日常での痛みはおおかた治まり、

だんだん長く歩けるようになりました。

今では、山歩きやゴルフにも出かけられるようになったということです。

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

以上、拙著【腰痛が治るのはどっち?】(学研パブリッシング/刊) より

 

健康で元気に過ごすためには、脚、腰がとても重要ですね。

仙腸関節痛をはじめ、腰や脚の痛み、しびれに悩まないように

早めに改善しましょう!

 

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

 

 

 

急性腰痛症(ぎっくり腰)とは?

急性腰痛症(ぎっくり腰)
急な激痛で『魔女の一撃』とも言われる


繰り返す「ぎっくり腰」の陰に「体のゆがみ」あり!


「ぎっくり腰」

というのは、病名ではありません。

『急性腰痛』『椎間捻挫』などの総称で、

いきなりグキっという衝撃と共に、腰が強烈な激痛に襲われるものです。

f:id:kawaikinkeitai:20161213180413j:plain


重いものを急に持ち上げたり、立ち上がったり、

振り返ったりした途端におこることが多いようです。

 

 

整形外科では原因箇所が特定しにくいので、「非特異的腰痛」の典型

とされていますが、

主に

①腰椎部に負担がかかって痛めるケース(椎間板ヘルニア腰椎前すべり症など)

仙腸関節部に負担がかかって仙腸関節を痛めるケース(仙腸関節痛

③ウェスト部の筋肉に負担がかかって筋肉を傷めるケース(腰部筋肉痛

があります。

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

このような「ぎっくり腰」は、

日常生活での動作の仕方が悪くて起こりますが、

そもそも股関節での支えが悪く骨盤が傾斜やねじれていたり、

腰椎の配列が悪くなっているなど「体のゆがみ」があると、

自然な動作ができず、腰に負担がかかりやすくなります。

f:id:kawaikinkeitai:20170430232330p:plain

 

よく「ぎっくり腰」を繰り返すという人は、

「体のゆがみ」のために起こっている

と考えて間違いはないでしょう。

これがクセになっている原因です。

 

また、「ぎっくり腰は何度も繰り返すけど、三日も休めば動

けるようになるから」と安易に考えてはいけません!

痛みが治まっても「からだのゆがみ」はそのままで、

無意識的に体が「痛みをかばった逃げる姿勢」なっているだけ、

ということもよくあります。

 

そうなると、「ぎっくり腰」を繰り返しているうちに、

より「体のゆがみ」が複雑になって、ひどい腰痛になる

こともあるのでご注意ください。

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

ぎっくり腰にも効果あり!

寝たまま、簡単!

腰痛体操【骨盤ゆらゆら体操】

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

 

 

 

歩幅が広い or 歩幅が狭い 腰痛によいのはどっち??

「歩幅を広く歩く」のと「歩幅を狭く歩く」

足腰への負担が少ないのはどっち??

 

「正しい歩き方」は、本当に正しい??

 
日常生活のなかで歩く機会が格段に減っている私たち現代人。

そのため、「運動しないと筋力が落ちる」「太ってしまう」「不健康だから」と、

ウォーキングなど、がんばって歩こうとしている人が多いですね。

 

f:id:kawaikinkeitai:20170424194930j:plain

 

TVや雑誌、インターネットでも「正しい歩き方」「正しいウォーキング」

の紹介が花盛りです。

 

それらを見てみると、おおよそ

「腕をしっかり振って、歩幅は広くとって、かかとから接地する」

という歩き方。

 

たしかに、この歩き方は運動量が大きいので、

筋肉をつけたり、ダイエット目的には、

適しているかもしれません。

 

しかし、

足腰にとってよい歩き方、負担の少ない歩き方か?

というと、実は全く逆。

 

この「正しい歩き方」とされている歩き方は、

むしろ、足腰への負担が大きく、

膝痛や股関節痛、腰痛になりやすい歩き方なのです!

 

なぜなら、歩幅が広いと、

・片脚で体重を支えている時間が長くなるので、

 足首やひざ股関節に負担がかかる!

 

・股関節を大きく動かして体をねじって一歩を踏み出すので、

 骨盤がゆがみやすい!

 

・かかとから強く接地するので、

 接地時の衝撃が股関節や骨盤を直接突き上げてしまう!

 

など、ひざや股関節、骨盤など足腰に悪影響を及ぼすことばかり。

 

このうえ、腕も大きく振れば、上半身のゆれが大きくなって不安定になり、

ますます腰への負担が大きくなります。

 

腰痛のある人、ゆがみのある人がこのような歩き方をしたら、

「運動になる」「ダイエットになる」よりも先に、

腰痛が悪化する可能性のほうが高いでしょう。

 

 

では、どのような歩き方が、

足腰に負担をかけない、

「足腰にとって正しい歩き方」なのか??


 

それは一般的な「正しい歩き方」とは全く逆。

 

腕は軽く振って、歩幅は小さく、

かかとを軽く後ろに上げてから踏み出す

という歩き方。(自転車歩き)

f:id:kawaikinkeitai:20170424195919j:plain

 

イメージとしては、

自転車のペダルをクルクル回すという感じなので、

当院では、「自転車歩き」と呼んでいます。


・歩幅が小さければ、片脚で体重を支えている時間も短く、

 足首やひざ、股関節にも負担がかかりません!

 

・股関節の動きも少なく、体をねじらずに一歩を踏み出せるので、

 骨盤が安定したまま歩くことができます!

 

・腕も軽く振るくらいなら、上半身のゆれもほとんどありません!


 

最も大切なポイントは、

歩き出しは、足を前に出すのではなく、

かかとからアキレス腱部を軽く後ろに上げてから、

軽く前に出すこと!


こうすると、ひざや足首が柔らかく使え、接地衝撃も自然と小さくなるのです。

 

さらに上半身は、左右の鎖骨が合わさる中心部、

ちょうどペンダントトップが止まるあたりを正面にして、

そこが前方に引っ張られる感覚で歩くと、

自然に背筋が伸びた姿勢になります。


これが、腰痛、股関節痛、ひざ痛の正しい歩き方「自転車歩き」だ!

 

普段から「自転車歩き」をすることで、

足首やひざ、股関節がスムーズに連動して

使われるようになり、足のむくみも少なくなります。

腰痛以外にも、ひざ痛や股関節痛がある人にもおすすめの歩き方ですよ!

 

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)