腰痛治療の専門家が教える腰痛の治し方

腰痛治療の専門家が腰痛の治し方・腰痛の真常識を教えます!

腰痛が起こりやすいのは、朝と夜、どっち?

腰痛が起こりやすいのは、朝と夜、どっち??

 

寝ているときの体は、どうなっている?


朝は一日の始まり、夜は一日の終わりです。

 

一日中働いた体を想像してみると、

「夜の方が、体が疲れている」と思いますね。

 

一方、少しゆっくり眠った朝は、

疲れも解消されて万全の態勢、今日も一日がんばれる!

というイメージでしょう。

 

そうすると、

「疲れているのは夜の方が圧倒的だから、腰痛がおこりやすいのは夜!」

そんな声がたくさん聞こえてきそうです。

 

でも、なんと答えは、『朝』。

 

何時間も眠っていて、筋肉を使っていなかったのに、

どうしてそうなるのでしょうか??

 

今までにもお話ししてきたように、

腰痛の主な原因は筋肉が固まって体がゆがみ、スムーズに動かないから。

 

実は、この状態、夜よりも朝の方がおこりやすいのです。

そこには“眠り”のメカニズムが関わってきます。

 

通常、眠っているときは、

脳と体は休み活発に動くこともないので、血液が脳や体を動かす筋肉に

たくさんの酸素や栄養を運ぶ必要はありません。

そのため心臓から脳や体に血液を送り出す圧力(血圧)や心拍数も低く、

体をめぐる血流はゆっくりと少なくなっています。

寝ている間の6~8時間、血流が低下した状態になっていますから、

脳の働きは低下し、筋肉も伸び縮みする能力が低下して

固まりやすくなっています。

 

また、寝ているときには、体の下になる部分(布団にあたる背中や腰)

に体の重さが加わっています。

眠りの最中で血流が悪くなっている部分を、体重で押しつぶすのですから、

筋肉はより固くなってしまうのです。

 

眠りで圧迫された部分を解放して血流を回復するために、

寝ている間には寝返りを打ちますので、

一晩中同じ場所が体の下になるわけではありませんが、

どこも圧迫されない姿勢はありません。

 

そして、日中のように活発に行動をするわけではないので、

どうしても眠っている間に固くなった筋肉は

起きるまで固いままのことが多いのです。

 

いろんなところが固まっているので、

関節がスムーズには動かなくなってしまいます。


そんな状態のまま朝を迎えて、脳もぼんやりしている中、

急に体を伸ばしたら……、急に体を動かしたら……、

「あいた、たたた」ということになってしまいます。

 

f:id:kawaikinkeitai:20170501225910p:plain

 

こういった理由から、腰痛は夜よりも朝、

とくに起床時におこりやすいのです。

 

とくに、筋・筋膜性腰痛(腰部筋肉痛)仙腸関節痛腰椎前すべり症

の人は、起床時に腰痛が出やすく、ぎっくり腰も起こしやすいので

注意しましょう。

 

 

一方夜は、疲れはたまっていますが、

一日中動いていたので体温は高く、血流も朝よりはずっといい状態。

 

疲れていて腰痛になってしまうリスクが全くない、

と言うわけではありませんが、

 

脳の働きもしっかりして、朝よりもまだ筋肉や関節は動きやすい

といえます。

 


寝ている姿次第で、体のゆがみも強くなる!?

 

そして、もうひとつ、朝の方が腰痛になりやすい理由があります。

それが寝姿。


寝ているときのことなんて、寝具に入ったときと、目を覚ましたとき

しか分かりませんよね。寝返りで体を動かしたりしても、眠っちゃって

意識がないのですから当然です。

 

ただ、その意識のないときの寝姿が、腰痛に関わってきてしまうのです。

 

腰にとって本来のよい寝姿は、

骨盤が左右対称で、ねじれない形です。

 

仰向けならその形がとりやすいのですが、

ただ、体のゆがみが強く腰痛のある人や腰の反り返りが強い人は、

仰向けは厳しいかもしれません。

しかも、熟睡しているときの寝姿などは、意識しようもありません。

 

また、いちばん腰によくない寝姿は、

横向きで腰を捻った「ねじれ寝」です!

f:id:kawaikinkeitai:20170621121836j:plain

 

特に股関節や骨盤周りの筋肉が、長時間、左右不均衡に引っ張られたり、

圧迫された状態になっていると、腰椎部から骨盤のゆがみが大きくなります。

 

そのような状態で朝起きてすぐに動けば、腰への負担も大きく、

激しい腰痛を起こす可能性が高くなります!

 


朝は体が固くなってゆがんでいます

 

このように、眠っている間にはどんなに気をつけても、

血行が悪くなることで筋肉が固くなりやすく、

また、知らないうちに体をゆがませていたかもしれない、

ということなのです。


筋肉が固くなり、ゆがんだままの体で目を覚ます。

 

 

では、どうすれば腰痛にならないように

起きられるのでしょうか??


実は、子どもの起き方にヒントがあります。

よく子どもは、何度起こしてもすぐには起きず、

布団の中でモゾモゾじたばたしていますよね。

腕を伸ばしたり、足を伸ばしたり、腰を曲げたり伸ばしたり、と

なかなかパッと起きてきません。

 

これは、無意識に体を少しずつ動かすことで固くなった筋肉を

ゆるめて血行をうながし、眠っている間の体のゆがみを解消しようと

しているのです。

布団の中で体をモゾモゾ動かすことで、脳と体を目覚めさせている

わけです。


大人の私たちも子供と同じように、朝すぐに起き上がるのではなく、

まずは布団の中で体の中心から遠い手足の関節などから少しずつ動かして、

固くなった筋肉をゆるめ、体のゆがみを少なくしてから起きるようにすれば、

腰痛を起こしにくくなります!

 

また、当院で腰痛患者さんにお勧めしている「骨盤ゆらゆら体操®」は、

寝たままできる腰痛体操、体のゆがみ取り体操ですので、

ぜひ起床前にやっていただくとよいでしょう。

 

寝たまま、簡単!腰痛体操

「骨盤ゆらゆら体操」

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

 

 

曹洞宗会報「禅の友」にコラム掲載!

日本の二大禅宗の一つ

道元禅師を開祖とする曹洞宗様(本山:永平寺總持寺
のご依頼で、

曹洞宗会報「禅の友」6月号(発行部数18万部)に
コラムが掲載されました!

曹洞宗HP
http://www.sotozen-net.or.jp/

zennotomo001s.jpg


「骨盤から身体のゆがみを整えて、

健康的な毎日を」


zennotomo004s.jpg


現代社会は、コンピューターやスマホなど

IT技術が発達して、日常生活が便利になった反面、

 

仕事や私生活でも長く座っていることが増えて、

体を動かすことが少なくなりました。

そのため気が付かないうちに、

身体を支える筋肉は固くなり姿勢・骨格が悪化し、

体調に悪影響を与えています。


「座っている」というのは、一見楽なようにも思えますが、

姿勢に気をつけないと、骨盤が傾斜したり、猫背になったりして、

さまざまな身体不調の原因になります。


人間の体は、

骨盤の上に、24個の背骨がブロックのように積み上がって

脊柱を構成しています。

いわば、骨盤は体の土台であり、脊柱は体の柱なのです。

f:id:kawaikinkeitai:20170430232330p:plain



土台となる骨盤が安定せず、

傾斜したり、ねじれたりすると(骨盤のゆがみ)、

ブロック状に積み上がった脊柱も配列バランスが崩れて

背骨の曲りや猫背など悪い姿勢・骨格になってしまいます。

骨盤がゆがむと、

腰痛や泌尿器の不調、下半身の血行不良などの原因になりますし、

猫背になれば、

首や肩こりだけでなく、肺や胃腸が圧迫されて内臓機能低下の原因

にもなってきます。

当然、その状態が長く続けば、大きな病気になる可能性もあります。


そこで、

固くなった筋肉をゆるめて骨盤を安定させ、

背筋が自然に伸びた姿勢・骨格を保つ、

ということがとても大切
 になります。



古来より日本人は、他の国々の方と比べて、

生活のあらゆる場面で「姿勢」というものを

重要と考えてきました。

立っているとき、座っているとき、食べるとき、学ぶとき、

「姿勢をよくなさい」とか、物事に対する「姿勢」とか。

それは、

単なる見た目の美しさというのではなく、

精神や身体にさまざまな影響があることを感覚的にとらえ、

受け継がれてきた英知なのかもしれません。


一般的に、健康を保つ基本は、

バランスの良い食事、②十分な睡眠、③適度に身体を動かす

と言われていますが、

さらには、④ゆがみの少ない姿勢・骨格というのも加えるべきでしょう。

これらは、今も昔も変わらない自然の原則と言っても過言ではありません。


私は、治療院での日々の診療の中で、肩こりや腰痛、ひざ痛をはじめ、

さまざまな身体不調にお悩みの方々の話を聞きながら、

このような自然の原則に沿った生活習慣を皆様にお勧めしております。

また、

固くなった筋肉をゆるめ骨盤からゆがみを整える『骨盤ゆらゆら体操』

なども、寝たまま簡単にできる健康管理法としてご紹介しています。

寝たまま、簡単!【骨盤ゆらゆら体操】 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

世の中が効率化を追求して複雑高度化していく中で、

そこで生きる人々の高齢化も進んでいます。

そんな現代社会でも、皆様がいつも足腰元気で健康的に過ごせる

ようになっていただくことが、私のできる社会貢献であり、

幸福であると思って日々精進しております。


骨盤ゆらゆら整体:川井筋系帯療法治療センター
院長 川井太郎

taroイメージ

 

 

 


これが、腰痛、股関節痛、ひざ痛の正しい歩き方「自転車歩き」だ!

 

 

健康で元気に過ごすためには、脚、腰がとても重要ですね。

腰や脚の痛み、しびれに悩まないように早めに改善しましょう!

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

 

 

脊柱管狭窄症と間違われやすい「閉塞性動脈硬化症」とは?

 

​閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)

 

両足が血行不良を起こして

痺れや痛みを生じる

f:id:kawaikinkeitai:20170606141337j:plain

   
脊柱管狭窄症と間違われやすい「閉塞性動脈硬化症」!

 

「閉塞性動脈硬化症」(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)というのは、

脚の動脈が固くなって内部が狭くなる動脈硬化が原因で、両足の血流障害を

起こす状態です。

 

症状としては、

足先からふくらはぎ、そして、ふとももあたりに冷感や痛み、

しびれ感が出ます。

 

六十代以降の男性に多い症状のひとつと言われています。

 

同じ脚への痛み、しびれとはいっても、

坐骨神経痛」は、神経が圧迫されて起こりますが、

「閉塞性動脈硬化症」は、血管が圧迫されて起こります。 

kosinoitami.hatenablog.jp

  

また、同じ脚への痛み、しびれで長く歩けず休み休み歩く間欠性跛行

なりやすいので、よく「脊柱管狭窄症」と間違われることがあります。

kosinoitami.hatenablog.jp 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

脊柱管狭窄症では、

腰部の脊柱管の圧迫による腰痛をともない脚の痛み、しびれが出る

 

のに対して、

 

「閉塞性動脈硬化症」は、腰痛の有無とは関係なく起こります。

 

 

 脊柱管狭窄症や坐骨神経痛は、

脚よりも上部で神経圧迫が起こりますから、

脚への痛み、しびれも太もも側から起こる

 

のに対して、

 

「閉塞性動脈硬化症」は、

血行不良が起こりやすい足先からふくらはぎへと

下側から症状が出てきます。

  

一般的には、心臓の動脈硬化症の同じように、

糖尿病、高血圧、脂質異常症また末梢の血管に悪影響を与える

喫煙などが原因と考えられています。

 
しかし、血管自体の詰まり以外でも、

ももやふくらはぎ、足首などの筋肉の緊張が強くなっていると、

動脈が圧迫されて脚への血流が悪くなり同じ症状が起こります。


とくに股関節やひざ関節、足首の角度が悪くなっていると、

体を支えて歩くるのにたくさんの筋肉を緊張させて支えなければ

いけないので、筋肉が固くなって動脈を圧迫してしまうのです!!

 

 そこで、閉塞性動脈硬化症の方にも、股関節やひざ、足首が

柔らかく使えて負担の少ない『自転車歩き』がおススメです!

 


これが、腰痛、股関節痛、ひざ痛の正しい歩き方「自転車歩き」だ!

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

健康で元気に過ごすためには、脚、腰がとても重要ですね。

腰や脚の痛み、しびれに悩まないように早めに改善しましょう!

 

 

閉塞性動脈硬化症にも効果あり!

寝たまま、簡単!

腰痛体操【骨盤ゆらゆら体操】

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

 

 

長く歩けない!間欠性跛行(かんけつせいはこう)とは??

間欠性跛行(かんけつせいはこう)とは??

 
症状の名前ではなく、歩行の状態

 

f:id:kawaikinkeitai:20170529134028j:plain

  

原因によって間欠性跛行も様々!

 
「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」

というのは、病名ではありません。

 

しばらく歩いていると、腰や脚に痛みやしびれを生じ、

歩くのが困難になるものの、少し休んでいれば、

また歩くことができる状態のことを言います。

 

これは様々な原因で起こりますが、脊柱管狭窄症がその代表

としてあげられます。

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

f:id:kawaikinkeitai:20170501225910p:plain

 

もっとも脊柱管狭窄症の場合は、

腰椎部で脊柱管が圧迫されて、腰から両脚の後にかけての痛みやしびれが

出ているので、座ったり、しゃがんだりなど

腰椎部を丸めて、脊柱管を解放する姿勢にならないと楽になりません。

 

したがって、

単に立ち止まって休めば楽になるとか、腰椎部は辛くないとか、

片脚だけが痛くて辛いなどは、

脊柱管狭窄症が原因の「間欠性跛行」ではないのです!!

 

しかし、最近では、

「腰や脚が辛くて長く歩けない」=間欠性跛行=脊柱管狭窄症と

安易に結び付けてしまう傾向があり、誤診を生むきっかけ

となっているので注意が必要です!

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

たとえば、椎間板ヘルニアでも、仙腸関節痛でも、

痛くて休み休み歩くことだってあります。

 

また、腰痛とは関係のない、閉塞性動脈硬化症でも生じます。

 

他の腰痛による間欠性跛行が、

腰や脚の痛みしびれなど神経が通る上から下に向かって順に症状が出る

 

のに対して、

 

閉塞性動脈硬化症の場合は、

足先やふくらはぎなど血流不足が生じる脚の下から上に向かって順に

症状が出て辛くなります。

 

 

したがって、一口に「間欠性跛行」とはいっても、

原因によって全く違ってきますので、

「どこが辛くなって、どんな感じで歩けなくなるのか、

その時どんな姿勢をとっているのか」などが

原因究明の重要なポイントなのです!

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 このような間欠爬行になってしまう方は、原因の一つとして、

腰や股関節、ひざ、足首などに負担のかかる歩き方をしている

ことも挙げられます。

 

そこで当院では、

腰や股関節、ひざ、足首などに負担の少ない

自転車歩き」という歩き方をお勧めしています。

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

自転車歩き」を習慣づけるだけでも、腰や脚の痛みやしびれが軽減して

長く歩けるようになる方もいますので、ぜひ実践してくださいね。

 

健康で元気に過ごすためには、脚、腰がとても重要ですね。

腰や脚の痛み、しびれに悩まないように早めに改善しましょう!

 

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

 

 

腰椎前すべり症は、様々な腰痛の原因になる!

腰椎前すべり症

 
腰椎(背骨)が前にずれて戻らない状態

 

   f:id:kawaikinkeitai:20170501225910p:plain

 

 

腰の反り返りが強いとなりやすい!

 
「腰椎前すべり症」とは、

骨盤の上にブロック状に積み上がっている背骨の腰椎が、

本来の位置から前側にずれてしまうことをいいます。

 

f:id:kawaikinkeitai:20161007164644j:plain

 

腰椎部分は、前方に湾曲した配列(腰の反り返り)をしていますが、

その前方湾曲が強くなりすぎて、腰椎が押し出されるのです。

そのため、腰痛部の前方湾曲が強い腰椎4番、5番部分が

前すべりによくなります。

 

f:id:kawaikinkeitai:20170524081750g:plain

 

腰椎が前にずれる幅が大きいと、

腰椎に引っ張られた靭帯が脊柱管を圧迫してしまい、

脊柱管狭窄症を引き起こす原因の一つになります。

 

すなわち、腰椎部に鈍痛と両臀部から両太もも後側、ふくらはぎにかけて

痛みやしびれが出やすくなります。また、間欠性跛行も同様です。

 

また、ずれる幅が小さくても、腰椎間隔の狭くなるところができると、

そこから出る神経根が圧迫されるので椎間板ヘルニアと同じような症状が出ます。

脚の痛みやしびれは、通常左右どちらか片方の前面や外側に出ます。

 

f:id:kawaikinkeitai:20161018150346g:plain

 

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 


ただ、椎間板ヘルニアの場合は、

前屈みになると、ヘルニア部分に負担がかかって痛みが出やすくなる

のに対して、

 

「腰椎すべり症」の場合は、

前屈みで腰を丸めると、腰椎部の前弯が弱まって腰椎が本来の位置に

戻りやすくなるので、むしろ楽になります。

 

 

さらに、腰椎部の配列が悪く不安定であるため、

周りの筋肉が緊張して固くなって、腰部筋肉痛(筋・筋膜性腰痛)

要因になったり、

腰にかかった強い力に耐えきれず、急に神経を圧迫してぎっくり腰

起こしたりしやすくなります。

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

腰椎が前にすべる大きな原因は、

腰椎部の土台である骨盤の前傾が強くなっているために、

腰椎全体の前方湾曲が強くなりすぎて、腰椎が押し出される

ことにあります。

要は、腰の反り返りが強いということですね。

 

腰を反る姿勢や動作の多いスポーツやヨガ、ダンス、重たいものを持つ仕事、

ハイヒールをよく履く、などの人がなりやすい傾向があります。

 

したがって、腰椎前すべり症の人は、

なるべく腰が反り返らないようにすることが大切になります。

 

 

健康で元気に過ごすためには、脚、腰がとても重要ですね。

腰や脚の痛み、しびれに悩まないように早めに改善しましょう!

 

 

腰椎前すべり症にも効果あり!

寝たまま、簡単!

腰痛体操【骨盤ゆらゆら体操】

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

 

 

坐骨神経痛ってどんな症状?原因は?

坐骨神経痛

 
お尻から太もも後ろ側にかけての痛み、しびれが特徴

 

   f:id:kawaikinkeitai:20170501225910p:plain

 

 

坐骨神経痛」の原因はさまざま

 

坐骨神経痛」というのは、

実は病名ではありません。

 

脚に痛みやしびれがあると、よく「坐骨神経痛だから」という人がいます。

 

しかし正確には、坐骨神経の走っている箇所、

お尻から太もも後ろ側、そしてふくらはぎの外側または後ろ側にかけて

痛みやしびれの出る状態をいいます。

f:id:kawaikinkeitai:20170501230839j:plain

 

坐骨神経を圧迫しやすい原因としては、

①腰椎部で圧迫しているケース(脊柱管狭窄症椎間板ヘルニア、腰椎すべり症など)

仙腸関節部に負担がかかって圧迫しているケース(仙腸関節痛

③お尻の梨状筋が圧迫しているケース(梨状筋症候群

があります。

 

kosinoitami.hatenablog.jp

kosinoitami.hatenablog.jp

kosinoitami.hatenablog.jp

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

整形外科で「坐骨神経痛ですね」と言われて、

「原因がわかった」と安心する人もいるかもしれませんが、

原因がわかっていれば、上記のような診断名をつけます。

 

残念ながら、「坐骨神経痛」は、

原因がわからない場合にマジックワード的に使われることが多くあるのです。

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

坐骨神経痛」の症状を改善するには、

まず、どこが坐骨神経を圧迫する原因箇所となっているのかを特定

しなければなりません。

 

それには股関節や骨盤、腰椎など「体のゆがみ」がどのようになって、

どこに負担がかかるようになっているのか、

どのような姿勢や動作で痛みが出るのか

を、きちんと把握すること。

 

そして、負担がかからないようにインナーマッスルをゆるめて、

「体のゆがみ」を整えればよいのです。

 

以上、拙著【腰痛が治るのはどっち?】(学研パブリッシング/刊) より

 

健康で元気に過ごすためには、脚、腰がとても重要ですね。

腰や脚の痛み、しびれに悩まないように早めに改善しましょう!

 

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

 

 

 

筋・筋膜性腰痛(腰部筋肉痛)腰痛で一番多い!

筋・筋膜性腰痛(腰部筋肉痛)

 
腰痛で一番多い筋肉の痛み

 

f:id:kawaikinkeitai:20170510102135p:plain

 

腰痛で一番多い腰部筋肉の痛み

 

「筋筋膜性腰痛」(腰部筋肉痛)とは、

疲労などにより過剰に緊張した腰の筋肉に負担がかかって起こる腰痛です。

簡単に言うと、腰の筋肉の痛み。

 

腰痛で1番多いケースはこれです。

10代から年配まで、幅広い年代でよく起こります。

長時間の同じ姿勢や荷物の上げ下ろしなどのように同じ動作が繰り返されるなど、

同じ筋肉ばかりに負担がかかると、その筋肉が疲労して固く縮こまってきます。

その固くなった筋肉が無理に使われてしまうことにより、傷つき痛みが出るのです。

ぎっくり腰の原因のひとつです。  

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 
痛めやすい腰部の筋肉は、

 上半身を起こす働きをするウエスト部分のインナーマッスル

(腰方形筋や脊柱起立筋)です。

 もともと筋肉が少ない女性や腰の反り返りが強い人、

「腰椎すべり症」の人などは、

 これらの筋肉に負担がかかりやすくなります。

 

f:id:kawaikinkeitai:20170510102756j:plain

 

実はこれ、

「筋肉が弱い」から痛みが出るのではありません。

 

筋肉が過剰に緊張して固く縮こまっているために痛みが出るわけですから、

改善法としては筋トレやストレッチではなく、

筋肉をゆるめることが大切です!!

 

「腰部筋肉痛」は、日常動作の中で姿勢を維持する筋肉に負担がかかって

起こるので、 姿勢のとり方や動作の仕方によって負担のかかり方が違います。

 

また、土台である骨盤が傾斜やねじれていると、

骨盤からつながって上半身を支えるウェスト部分のインナーマッスル

(腰方形筋や脊柱起立筋)も不均衡な緊張を起こして、より負担が

かかりやすくなります。  

 

f:id:kawaikinkeitai:20161007163439j:plain

  
【症 例】「体のゆがみ」と慢性的な疲労から発症!
 

50代の主婦が、つらそうに腰に手を当てて来院しました。

 

これまで何度かぎっくり腰をやっていて、整形外科でも何度か診てもらったが

レントゲン検査で「骨には特に異状なし」と言われ、

 

湿布と痛み止めをもらうぐらい。仕方なしに、近所のマッサージに時々行って、

つらさをしのいできたといいます。

 

さらに話を詳しく聞くと、

若い頃からスポーツが好きで、出産するまではよくテニスをやっていたこと。

その後、3人のお子さんに恵まれたが、

日々の家事に子育てと目まぐるしい生活が続き、慢性的な疲労状態で

がんばってきたこと。

エスト部分の筋肉と右のお尻が特に痛むということを話してくれました。

 

当院の「モアレ写真」で検査すると、骨盤が前傾して腰の反り返りが強く、

右側が押し上げられてねじれた状態でもありました。

さらにその他の検査でウエト部の筋肉の過剰な緊張と

仙腸関節部のずれを確認しました。

 

 一方向に体をねじる動きの多いテニスをしてきたことや

3度の出産で仙腸関節もずれやすくなっていたこと、

さらに日常生活での腰への負担が続いて

「体のゆがみ」が大きくなってしまったのが、根本的な原因になって

いたわけです。

 

そこで、股関節から骨盤にかけてのインナーマッスルをゆるめて、 

骨盤の前傾やねじれを正して骨盤を安定させていきました。 

骨盤が安定してくれば、

エスト部分のインナーマッスルも自然にゆるんでいきます。

 

f:id:kawaikinkeitai:20170501224146j:plain

 

初回の施術で右仙腸関節部の痛みが軽減して、

全身的に緊張していた体も軽くなりました。

自宅での日常生活動作を見直し、「骨盤ゆらゆら体操®」も

行うように指導しました。

 

その後、週に2回程度継続して通院して、

2~3カ月ぐらいで日常での痛みは出ないようになりました。

今は「体のゆがみ」の定期メンテナンスとリラクゼーションを兼ねて、

月に1回程度来院して、毎日元気に過ごしています。

 

以上、拙著【腰痛が治るのはどっち?】(学研パブリッシング/刊) より

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

健康で元気に過ごすためには、脚、腰がとても重要ですね。

腰部筋肉痛をはじめ、腰や脚の痛み、しびれに悩まないように

早めに改善しましょう! 

 

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)