読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腰痛治療の専門家が教える腰痛の治し方

腰痛治療の専門家が腰痛の治し方・腰痛の真常識を教えます!

腰痛には、人それぞれに「痛みの物語」がある!

腰痛には、人それぞれに「痛みの物語」がある!

 「ナラティブ・ベイスト・メディスン」(Narrative Based Medicine:

物語と対話に基づく医療。N.B.M)の重要性

 

人によって腰痛、腰の痛みを感じる場所は違います。

kosinoitami.hatenablog.jp 

 

しかし、どんな腰痛でも、それぞれの腰に痛みが発生するような、

負担がかるような状況があって、その組織が傷つき痛みが出て

しまったわけです。いわば、

 

腰痛には

人それぞれの「痛みが出るにいたる物語」がある

 ということです。 

 

私のような整体院や、接骨院鍼灸、マッサージ院などの治療院では、

レントゲンやCT、MR検査など高価な精密機器を用いた検査は

できません。

 

しかし、その痛みがどうして起こっているのか、その物語を知るために、

患者さんの話に耳を傾け、患者さんの体に目を光らせます。

患者さんと対話しながら時系列に従って、

どんな状況で、どういう姿勢で、何をして痛みが起こったのか

などを丁寧に聞き、実際にその動作をしてもらったりもします。

痛みに関することはもちろん、

さらには年齢、職業内容、日常生活状況も聞いて、腰痛発症までに

体のどの部分に負担がかかりやすい生活をしてきたか

なども考慮します。

こうして、1人ひとりの「痛みの物語」を探り、腰痛の原因を見極めて、

治療内容を決めていくのです。

 

これは「ナラティブ・ベイスト・メディスン」(Narrative Based Medicine:

物語と対話に基づく医療。N.B.Mという考え方で、

昔ながらの医療関係者は当然のように行っています。

腰痛などの診断には、とても有効な方法といえるでしょう。

 

最近の病院では、

エビデンス・ベイスト・メディスン(Evidence Based Medicine:

科学的根拠に基づく医療。E.B.M)という考え方が重要視され、

すぐにレントゲンやCT、MRI検査が行われます。

 

しかし、以前にも解説したように、

レントゲンやCT,MRIでは、腰痛の原因を正しく捉えられない

のです!

kosinoitami.hatenablog.jp

 

腰痛の原因をとらえきれない画像を偏重し、

患者さん1人ひとりの話を十分聞かない最近の医療では、

人それぞれの腰痛の「痛みの物語」は当然、成り立ちません。

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 腰痛の改善、治療には、

どんな状況で、どういう姿勢で、何をして痛みが起こったのか、

体のどの部分に負担がかかりやすい状況なのか、など

きちんと整理をして、

「痛みの物語」を理解することが、何よりも大切なのです。

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】大好評発売中

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)