読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腰痛治療の専門家が教える腰痛の治し方

腰痛治療の専門家が腰痛の治し方・腰痛の真常識を教えます!

腰部脊柱管狭窄症とは??(高齢者に多い腰痛)

腰部脊柱管狭窄症

高齢化社会になって、最近は腰痛で「腰部脊柱管狭窄症」と診断される人が

増えていますね。

「腰部脊柱管狭窄症」とは? 

人の脊柱(背骨)の後ろ側には、脳から伸びた神経(脊髄)が通っている

「脊柱管」という部位があります。

背骨は椎骨という骨が積み重なってできています。椎骨は椎体と椎弓からなり、

その間にある空間(椎孔)が積み重なってできるのが脊柱管です。

脊柱管は脳から伸びた神経(脊髄)を守る役割があり、

神経は脊柱管の中で枝分かれして体の各部へと伸びていきます。

背骨の腰の部分(腰椎部)の靱帯や椎間板などが変形して、

この脊柱管が圧迫され狭くなった結果、

腰痛や脚へのしびれが出る症状を「脊柱管狭窄症」といいます。

f:id:kawaikinkeitai:20161104110726j:plain

生まれつき脊柱管が狭い先天性の場合もありますが、

椎体の変形による骨棘(こっきょく:椎体外側にできる骨の棘(とげ))や、

変性すべり症、椎間板の膨隆、黄色靱帯の肥厚、椎間関節の肥厚変形など、

背骨に加齢に伴う変化が加わることが原因で脊柱管の狭窄が起こります。

老化現象の一つで、年をとると多かれ少なかれ脊柱管は狭くなっていきます。

そのため、腰部脊柱管狭窄症は高齢の方に多くみられますが、

若いときに重労働や重いものを持つ職業で無理をしたり、

若いときに腰を痛めたことがある人、長時間運転する人などは

加齢により椎体の変形がが起こり進行しやすく、

変性すべり症は、中年の女性に起こりやすいことがわかっています。

それらの人は腰部脊柱管狭窄症になりやすいといえます。

 

 「腰部脊柱管狭窄症」の症状、特徴

腰椎部で脊柱管が圧迫されるのが原因ですので、

背筋を伸ばして立っていたり、長く歩いていると、

①まず、骨盤上の腰椎部(ウエスト部)に鈍痛が現れます。

②次に、両臀部から両太ももの後ろ側、両ふくらはぎにかけて

 痛みやしびれ(坐骨神経痛)が出るようになってきます。

 さらに、長く歩くと痛みやしびれがつらくなってきますが、

③椅子に座ったり、しゃがんで休むなどすると、症状が軽減する

「間欠性跛行というのも代表的な兆候です。

 

そして症状が悪化すると、歩行時に尿意を催すなどの排尿障害や便秘、

会陰部(えいんぶ)に灼熱感(しゃくねつかん)などの異常が起こってきます。

 

 病院で「腰部脊柱管狭窄症」と診断される場

最近の整形外科では、

①「年齢50代後半以降」

②「腰痛」

③足の痛みやしびれで長く歩けない「間欠性跛行(と診られる症状)」

④「MRI画像で脊柱が狭くなっているのを確認」

の4要素がそろうと、

即座に「脊柱管狭窄症」と診断する傾向があります。

 

しかし、MRI画像で脊柱管が狭いことが確認できたからといって、

直ちに症状が出るわけではありません。

また、それが今悩んでいる腰痛や脚のしびれの原因だとも、

すぐには断定できません。

kosinoitami.hatenablog.jp

 

 

「脊柱管狭窄症」と診断されても、

・骨盤上の腰椎部(ウェスト部)に鈍痛がない

・脚の痛みやしびれがあるのが、片方だけ

・痛みやしびれが脚の後ろ側でなく、前や外側である

 

といった場合は、

実は「脊柱管狭窄症」の他に、痛みやしびれの原因がある可能性が高いのです!

たとえば、「椎間板ヘルニア」や「仙腸関節痛」、「梨状筋症候群」などです。

kosinoitami.hatenablog.jp

 

また、脊柱管狭窄症の患者さんたちをよく診ると、

股関節の動く角度が悪くなっているという共通事項があります!

そもそも腰椎は、土台である骨盤の上に載っていて、

その骨盤は二本の脚で支えられています。

股関節の動く角度が悪くなると、骨盤を支えるバランスが悪くなり、

骨盤に傾きやねじれが生じます。

股関節から骨盤の中を通って腰椎につながるインナーマッスル腸腰筋も、

不均衡に緊張して引っ張り合いが生じて腰椎部にも影響します。

特に骨盤の前傾が強く腰が反り返っていたり、

骨盤と腰椎がねじれていたりすると、

腰椎後の脊柱管が狭くなってしまうのです。

逆に、イスに座る、しゃがむ、自転車に乗る、寝るなど、

脚を使って股関節を介して骨盤を支える必要がなければ、

骨盤の前傾や骨盤と腰椎のねじれが少なくなり、

脊柱管の圧迫が解放されるのです。

 

【症 例】趣味のゴルフで脊柱管狭窄症に!

当院の腰痛患者さんには、「脊柱管狭窄症」と診断されているご年配の人が

多く訪れます。中には「手術をすすめられた」「すでに手術をした」

という人もいます。

整形外科で「脊柱管狭窄症」と診断されて来院した60代の男性は、

処方された痛み止めや血流を改善する薬を3カ月間飲み続け、

リハビリ(筋トレ)もしましたが、思ったように改善されませんでした。

そのうち両臀部から太もも後ろ側にしびれが出始め、歩行が不自由になり、

医師からは「手術が必要だ」と言われたそうです。

その方は「何とか手術をしないで済む方法はないか」と必死に探し、

当院を訪れたのです

彼の場合、長年続けてきたゴルフ練習による体のゆがみが、主な原因と

考えられました。

年齢的にも脊柱管への負担に弱くなっているところ、練習場でのゴルフ練習は

同じ方向にひねる動作ばかり繰り返すので、骨盤と腰椎のねじれが強くなり

脊柱管も狭くなってしまったのです。

当院では、股関節、骨盤、腰椎のインナーマッスルをゆるめてゆがみを正す

施術(骨盤ゆらゆら整体®)を週に2回受け、3カ月が経過する頃には腰痛や

脚のしびれがずいぶん軽減されました。

今では、痛みやしびれも出なくなり、『骨盤ゆらゆら体操®』を朝晩行って、

自分で骨盤や腰椎のゆがみのケアをしています。

もちろん、大好きなゴルフも思い切り楽しんでいるそうです。

川井 太郎(整体師/あん摩マッサージ指圧師)- コラム「寝たまま、簡単!腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操」DVD」 - 専門家プロファイル

 

 

このブログでは、

慢性腰痛に悩む方から、病院で診断を受けた方、

手術をしたのに痛みがなくならないという方など

腰痛に悩むあらゆる方、

そして、

 整形外科、理学療法士柔道整復師、マッサージ師、

整体師、 カイロプラクティックオステオパシーなど

腰痛治療にかかわる専門家にも知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!!

f:id:kawaikinkeitai:20160921125557j:plain

Amazon【腰痛が治るのはどっち?】

  

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
信頼ある35年の実績! 川井筋系帯療法治療センター

f:id:kawaikinkeitai:20160921122919j:plain

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)